すくなひこな

 43810904_ml

「故、大国主神、出雲の御大の御前に坐す時、波の穂より天の羅摩船に乗りて、鵞の皮を内剥に剥ぎて衣服に為て、帰り来る神有りき。…」  古事記

ガガイモの舟に乗り蛾の皮を着てやって来たといわれています。
多くの知恵と知識でオオクニヌシの国づくりを助けました。
身の丈は一寸ながら薬草で病いを治してしまう、
小さいけれどパワフルな日本の神様です。

ヒーリングと自然療法にちなんで名付けを頂きました。
有難う御座います♡

広告